箱庭の室内楽

hakoniwano_birthday's eve_jacket

箱庭の室内楽

2006年にbolbotsの中心メンバーで変幻自在のプログレポップバンドを標榜し活動開始。
同年kimica records/perfect musicより1stアルバム「箱庭の室内楽」をリリース。
福京阪名ツアーの後、MSN nano version、ANDERSENS、first day actionを迎え
三軒茶屋グレープルフールムーンにてレコ発を行う。
2007年NATSUMENのAxSxE録音によるミニアルバム「幾何学的カーニバル」をリリース。
レコ発イベントは石橋英子、トルネード竜巻、タラチネをゲストに秋葉原GOODMANにて。
2010年8月にceroとyumeirochoをゲストに自主企画「楽園祭vol.1」、
11月には初ワンマンとなる「楽園祭vol.2」を行う。
2011年西麻布a-lifeにて入場無料イベント西麻布フリーロックフェスvol.1を開催。
出演はtengal6(現lyrical school)とStefanie。
2012年1月術ノ穴コンピレーション「Hello vol.4」に参加(楽曲はecho)。
6月に2ndアルバム「birthday’s eve」の先行リリースイベントを行う。
共演者はクールポコ、DJ Kussy(Fragment)。
8月に「birthday’s eve」をhako discより全国流通。
9月に杏窪彌、THE OTOGIBANASHI’S、DJ zool.gelをゲストに
西麻布フリーロックフェスvol.2を開催。

幾度のメンバーチェンジを経て現在は以下の4名。
ハシダカズマ(Vo&Guitar)
本田琢也(Bass)
松本暁雄(Drums)
やまだじろう(key)

公式サイト
http://hakoniwano.com/

広告